AIで白黒写真をカラー化するオンラインサイト無料・有料おすすめ!撮影当時の色を再現!

写真やプリントなどがほとんど白黒、という時代がありましたね。

白黒であることがいろいろ想像をかき立てられるのが、撮影当時の色を「再現」できれば面白いでしょう。

今回の記事では、AI技術を活用して白黒写真をカラー化するオンラインサイト無料・有料を紹介しましょう。

白黒写真をカラー化するに【Luminar】は最強!
Luminarはパソコンの上で動作するAI対応の画像編集ツールです。白黒写真を高精度でカラー化する以外、AdobeのLightroom、Photoshop並みの編集機能を備わっています。専門知識やスキルが要らず、AIによる自動処理で写真を半自動的に美化・好印象化してくれるのです。顔と肌の修正、色調整、画質向上、AIストラクチャ、空の入れ替え、AIポートレート、豊富なテンプレートが特徴です。スタンドアロン、またはPhotoshop、Lightroom、Apple Photos上で動作するプラグインとしても機能します。

AIで白黒写真をカラー化にするには知るべきこと

  • カラー画像:RGB情報+明暗(濃度)情報
  • モノクロ画像:明暗(濃度)情報
  • 「カラー ⇒ モノクロ」は、RGB情報を捨てればいいだけです。
  • 「モノクロ ⇒ カラー」は、RGB情報を付加する必要があります。

現時点で、白黒の濃淡のみでは、正確な色を突き止めることはまだまだ難しいようです。

例えば、緑も赤も濃度が同じであれば共に同じ濃度のグレーになるので、これをカラー化する場合には、赤なのか緑なのか?はAIが自動的に判断することになっています。確実にその色かどうか?は実は解らないのです。

だが、AIで様々なカラー写真を学習させて、それと似た形、似た濃淡のものは同じ色だろうと推測して着色します。画像の内容を認識できれば、合理的な推測の範囲内で推定することが可能です。

例えば郵便ポストの写真だと判断できれば赤色である可能性が高くなります。また、他の回りの物への反射の影響など、様々な複数の要因を元に色を推測出来る可能性があります。

それに対して、「色を復元している」という言い方はふさわしくないが、あくまでも「トーンからある程度の精度で色を推測し塗っている」と言うのが正しい認識でしょう。

AIで白黒写真をカラー化にするオンラインサイト無料・有料おすすめ

1. DataChef(データシェフ)

【開発元】:TechLagoon
【価格】:無料
【日本語対応】:可能
【入力形式】:JPEG、PNG、GIF、BMP、Heic
【公式サイト】: https://tech-lagoon.com/imagechef/gray-to-color.html
DataChef(データシェフ)

DataChefは、写真や画像をいろいろ加工するための完全無料なWEBアプリケーションです。

インストールや会員登録の必要はなく、ブラウザとネット環境さえあれば、パソコンでもiPhoneやandroidなどのモバイル端末でも使用できます。

利便性や分かりやすさの向上を目的に、ホームページ( https://tech-lagoon.com/datachef/index.html)で各機能を11個のカテゴリー別に分類されています。

白黒写真をカラー化するには、ホームページで「色の変更」のカテゴリーにある「白黒画像をAIがカラー化」を選択するか、上記書いた公式サイトのURLをクリックします。

出力画像と言えば、くっきり自然な色で「空気感」として感じられるようになって、ほぼ期待通りの効果が得られます。

そして、嫌なロゴや透かし、機能制限、写真ファイルの大きさや解像度などの制限は一切ないようで使い放題とのことです。

また、他の画像加工・編集機能も満載して、正直「なんで無料でそこまでできるの?」という感じです。

DataChefを検証した結果は以下の通りです。

DataChefを検証する結果

2. Vance AI白黒写真カラー化

【開発元】:VanceAI Technology
【価格】:無料&有料(従量制2,780円、標準1,080円/毎月、専門2,180/毎月)
【日本語対応】:可能
【入力形式】:JPEG、PNG、JPG、PSD
【公式サイト】: https://vanceai.com/ja/
Vance AI白黒写真カラー化

Vance AI白黒写真カラー化は、最先端のAI技術を駆使して白黒写真を自動でカラー化させるに特化したオンラインサイトです。

ワンクリックで白黒、セピア、黄ばみ、グレースケールの写真を自然な色合いで補正してくれるのがすごいと思います。

だが、被写体の自体の色の鮮やかさを完全に直すことはできないが、全体は緑っぽいまたは黄色っぽく見えてしまって、経年変化により色あせてしまったカラー写真の雰囲気を感じます。

また、無料版を使う場合、バッチ処理の機能を実装していないので、手回しで1枚ずつ処理しかできず、月に最大5枚の画像を処理できます。出力画像には「Vance AI」という文字のロゴが入ってしまいます。

Pro版にアップグレードしたら、バッチ処理が可能となって、標準プランなら一度に5枚まで、専門プランならは一度に10枚までの画像をアップロードできます。それに加えて、PSD形式もサポートしており、クリエイティブなプロやPhotoshopユーザーにとって魅力的です。

Vance AI白黒写真カラー化を検証した結果は以下の通りです。

Vance AI白黒写真カラー化を検証する結果

3. Colourise.com

【開発元】:VanceAI Technology
【価格】:無料
【日本語対応】:不可
【入力形式】:JPEG、PNG、JPG
【公式サイト】: https://colourise.com/
Colourise.com

Colourise.comは、AI(人工知能)とDeep Learning(深層学習)を活用して、自動的に白黒やグレースケール、セピア色の写真をカラー化させるWebサイトです。

インストールの手間が不要で、アカウント登録もなし、誰でも完全無料で使える点が大きなメリットで重宝されています。

また、人物だけではなく風景写真でもこのツールで着色することで、美しく色鮮やかな仕上がりになります。

使い方も簡単で、元の写真をアップロードするだけで、後はAIが自動的に写真を分析して色付けています。完了したら、編集後の写真をダウンロードしたらOKです。

表記言語は英語で日本語に切り替えられないのがちょっと残念だけど、英語が苦手な私でも直感的に操作できるので問題ないと思います。

ただ、バッチ処理に対応していない、アップロード可能な写真ファイルについて、大きさは5MB以内、解像度は1200X1200pxの制限があります。もし用意した写真が 5MBを越えてる場合は、写真が自動的にりサイズされることになります。

Colourise.comを検証した結果は以下の通りです。

Colourise.comを検証する結果

4. MyHeritage

【開発元】:MyHeritage Ltd.
【価格】:無料&有料(プレミアム$7.42ドル/毎月、プレミアム+$12.42ドル/毎月、無制限$16.58ドル/毎月)
【日本語対応】:不可
【入力形式】:JPEG、PNG、JPG
【公式サイト】: https://www.myheritage.com/incolor
MyHeritage

MyHeritageは、AIで白黒写真をカラーにできる海外のウェブサイトです。

数百万枚という膨大な画像を用いてトレーニングされた機械学習アルゴリズムに基づいて、まるでもともとカラー写真であったかのように色を付けられます。

白黒写真をカラー化処理するとき、画質劣化はなし、細部までこだわったディテールはオリジナルとあまり変わらない程度に取り込めるのが嬉しいところです。他の類似サイトに比べて、完成した写真はよりリアルな質感の表現が可能です。

また、処理後の写真をダウンロードしてパソコンに保存したり、まはた直接にFacebookかTwitterにアップロードすることができます。

ただ、初めてMyHeritageを使うときは、GoogleまたはFacebookのアカウントでサインアップする必要があります。サインアップ後、最大10枚の写真を無料で処理することができます。14日の無料トライアルでは、出力写真の右隅に「MyHeritage」のロゴが付いています。

MyHeritageを検証した結果は以下の通りです。

MyHeritageを検証する結果

5. Deepai.org Colorize

【開発元】:MyHeritage Ltd.
【価格】:無料
【日本語対応】:不可
【入力形式】:JPEG、PNG、JPG
【公式サイト】: https://deepai.org/machine-learning-model/colorizer
Deepai.org Colorize

Deepai.org Colorizeは、Image Colorization APIを使用して白黒の写真や動画をカラー化する海外サイトです。

公式サイトでソースコードも無料で公開されているが、API-Keyは適宜取得して書き換えてもいいです。

ソースコードによくわからなくても構わない、ページの作業スペースで白黒写真を選択してアップロードするか、白黒写真のURLを入力することで、色付けの作業が始まります。処理速度が驚くほど速くて、私が検証した場合、アップロードと着色処理はトータル2~3秒で完成でした。

ホームページでダウンロードボタンがないので、写真を保存するには、写真の上で右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選択します。

出力写真のクオリティはベストと言えないけど、十分満足というレベルに到達しています。

ちなみに、1200pxが現在のファイルアップロード上限サイズになります。サイズの上限を超えるファイルをアップロードすると、自動的にサイズを変更してファイルサイズを縮小することになります。

Deepai.org Colorizeを検証した結果は以下の通りです。

Deepai.org Colorizeを検証する結果

まとめ

昔の大切な白黒写真をカラー化すれば、家族の歴史や思い出が鮮やかによみがえるでしょう。

今回は「AIで白黒写真をカラー化にするオンラインサイト」無料・有料5選を紹介しました。

無料にこだわっていれば、DataChef(データシェフ)Colourise.com、Deepai.org Colorizeを検討しましょう。

一方、その分の使い勝手の良さと価値があれば、有料でも構わないと思ったら、Vance AI白黒写真カラー化、MyHeritageを試してみてください。

着色の後、キレイに見えるということより、最大限に元の色を復元できるように求めている方もいるようです。

元の色がわからなければ正確かどうかは確認のしようがありませんからね。

対処法として、自分で撮ったカラー写真をモノクロにして、上記のAIサイトで再びカラー化してみればどの程度正確なのか実証しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。