DVDを720p/HD1080p/4K/8Kにアップコンバートして高画質化する方法

DVDを高画質化する方法

DVDディスクはアナログ時代のものなので、今のデジタル時代にやや不似合いと言われています。

標準解像度は480p(720×480)となっていたが、大体YouTubeって480Pで動画を見るのと同等で、1080p、2K解像度のモニタを搭載したパソコンや、4KテレビでDVDを再生するとき、画質化がかなり粗く見えます。

今回の記事では、低画質のDVDを高画質化(720p/1080p/4Kへアップスケール)する方法を解説しましょう。

DVDを高画質化するために基本的なやり方

DVD動画を高画質化する場合、基本的な考え方は下記のとおりです。

❶.パソコンでDVDアップコンバートソフトを使って、DVDを低解像度から高解像度に拡大して変換します。

❷.パソコンかテレビで視聴するとき、アップコンバート対応のブルーレイプレイヤーを使用して、DVDの映像をハイビジョンや4Kにアップコンバートして出力します。

❸.動画編集ソフトを利用して、明るさ、色合い、コントラストやガンマ修正で境目がはっきりしない物をはっきり表示させるなどすると、DVD動画は見やすくなります。ただ、見やすくなる=高画質化とは言いにくいけど、たぶん要望に合っていないでしょうか。

一般的に言えば、❶と❷のやり方でDVD動画を高画質化に処理する人が多いです。

アップコンバート対応のブルーレイプレイヤーって、ネットで少し検索してみれば見つかります。

完全な初心者の方でも、ユーザーガイドに従って操作すれば、ほぼ問題はありません。

ただ、一部はDVDの映像を最大ハイビジョン相当の画質、すなわち1080pへアップコンバートしかできないが、4Kまで対応のものを使いたい場合、探しにすこし時間と手間がかかると思います。

次に、DVDアップコンバート(フリー)ソフトを利用してDVDを高画質化する方法を詳しく説明します。

DVDアップコンバートソフトでDVDを高画質化する方法

まず、結論からいえば、DVDを高画質化するために基本的な流れは、

❶.DVDリッピングソフトでDVDディスクから映像を抽出して、動画形式で保存します。
❷.アップコンバートソフトで抽出したDVD映像を低画質から高画質化へ変換します。

具体的な原因と解決策は次の内容に進みます。

DVDアップコンバートソフトについてのポイント

アップコンバートとは、既存映像の信号より高い周波数に変換するということです。簡単に言えば、低い画質から高い画質へ変換を行うことを指します。

現時点で、アップコンバートソフトって、入力形式は主流となった動画形式のみに対応するのはほとんどです。

DVDディスクを読み込めるものは、私が知っている限りDVDFab以外存在しないみたいです。

DVDFabの場合、DVDFab Enlarger AIというアップコンバートソフト(機能)を提供しているが、DVDFab Enlarger AI(別売り)は独立作動できない、DVDブルーレイ変換、DVD リッピング、Blu-ray リッピング、動画変換と連携して販売されています。

つまり、「DVDFab Enlarger AI」+「DVDリッピング」を組み合わせて利用することにより、DVD高画質化の実現が可能となります。

もちろん、DVDFabの製品に拘りたくないなら、ほかに使いたい「DVDリッピングソフト」+「動画アップコンバートソフト」を連携して使用するのも構いません。

DVD動画を720p/1080p/4Kへアップコンバートして高画質化する方法

パート1:DVD映像を動画形式へリッピングする方法

何のコピーガードもかからない自作DVDの場合、オープンソースのフリーソフト「HandBrake」を使えば、簡単にできます。

一方、市販やレンタルDVDなど、必ずといってもいいほど様々なコピーガードで保護されているので、HandBrakeをはじめ、フリーソフトはダメになってしまうので、有料ソフトを利用する必要があります。

ここでは、市販&レンタルDVDに対応可能なDVDFab DVD リッピングを使用します。

事前準備:
❶.DVDをパソコンにセットします。
❷.DVDFab DVD リッピングをパソコンにダウンロードとインストールしておきます。

step1:DVDFab DVD リッピングを起動して、トップ画面で「リッピング」を選択してから真ん中の「+」マークをクリックします。

DVD映像を動画形式へリッピングするstep1

step2:ディスクの選択ウィンドウが表示されて、対象のDVDディスクを選択して読み込みます。

step3:読み込みが完了すると、出力形式の選択画面が自動的に表示されて、特に使用したい形式はなければ、MP4を選択しましょう。その他、ファイサイズや画質などの設定や細かい操作設定は初期設定で良いと思います。または、各タブを理解している上で、好きのように設定してもいいです。設定が完了したら、「はい」をタップします。

DVD映像を動画形式へリッピングするstep3

step4:下記のような画面が表示されると、右下の「開始」をタップして、リッピングが始まります。「完了」が表示されるまで待ってください。

DVD映像を動画形式へリッピングするstep4
注意
自作のDVDなどでない限りDVDのリッピングや吸い出しは違法です。著作権法をよくご覧になった上で自己責任でお願いいたします。

パート2:DVD映像をアップコンバートして高画質化する方法

必要な条件:動画アップコンバートソフト

どうしても無料でDVD動画をアップコンバートしたいなら、Aviutlを試してください。

アニメ動画だと、Aviutlに第三者のフィルタプラグイン(シャープフィルタ、アンシャープマスク、リサイズフィルタ、エッジ強調、WarpShrp,エッジレベル調整MT、WarpSharpMTぐらい)を導入することで、それなりのアプコンが可能になります。

ただ、アニメと違い実写の場合はほとんどアプコンは出来できないとご注意ください。

AviUtl以外、動画アップコンバーフリートソフトと紹介されていても、開くと期間限定のお試し版だっり、購入画面に誘導されたりと。

今回の場合は、有料ソフト「Topaz Video Enhance AI」をおすすめします。

DVDのアップスケーリング機能で一番綺麗になるソフトは「Topaz Video Enhance AI」だと思います。

Topaz Video Enhance AIで昔の低画質動画を試しに変換してみたところ、明らかに画質は良くなっていたが、非常に粗い低画質動画など他のどんなソフトで試してもどうにもならなかったのです。


さて、Topaz Video Enhance AIを使用して、リッピングされたDVD映像を480pから720p/1080p/4Kにアップコンバートしましょう。

step1:Topaz Video Enhance AIを立ち上げて、対象のDVD動画をドラッグ&ドロップでソフトに読み込みます。

Topaz Video Enhance AIでDVD映像をアップコンバートして高画質化する

step2:画面右側で「Preset」のポップアップメニューから、どのサイズに変換するかと選択します。SD、720pのHD、1080pのHD、4K、8Kなどが選択できます。普通は、1080pのHD画質にアップコンバートするのが多いです。

step3:ビデオカメラのようなアイコンをクリックすれば、アップコンバートの変換は開始します。出力ファイルは元ファイルと同じ場所に保存されます。

パソコンのスペックや目的のサイズによって、レンダリングに必要な時間が大幅に異なります。ハイスペックなパソコンでも数分の動画に30分~1時間かかります。ただ効果はほぼ期待通りです。

Topaz Video Enhance AIアップコンバートの効果を検証してみます。
Topaz Video Enhance AIについて最新推奨動作環境
推奨動作環境(Windows)
Intel i7(第7世代) 以降 (4GHz以上)Ryzen 7 以上(4GHz以上)
6GB以上の専用VRAM
メモリ推奨:16GB 最適:32GB
推奨動作環境(MacOS10.15以降)
Mac Pro 2019 / iMacPro以降
メモリ推奨:16GB 最適:32GB
注意
ただ、AIアルゴリズムはハードウェアの強力な計算力を前提としているので、かなりハイスペックなパソコンを用意する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。