【ブラウザで使う】MP4動画のAI高画質化におすすめのサイト無料と有料7選!

MP4の高画質化に使うサイト

最近では、スマホやビデオカメラで撮影した映像も、YoutubeやSNSから配信した動画も、ほとんどは【. mp4】という拡張子です。

一口にMP4といっても解像度、ビットレートおよび圧縮方式が様々で、画質が落ちてしまって見にくい事があります。

今回の記事では、MP4動画を高画質化するオンラインサイトを厳選して紹介します。

(1)MP4を高画質化するとは

MP4の高画質化って言えば、先端機械学習(AI)ベースで解像度や画素数を補うことで画質を向上させるのが主流です。

このような技術は、一般に「AIアップスケーリング」、または「アップコンバート」として知られています。

ソフトウェア業界の代表的な製品は「 Topaz Video AI」です。元の映像の画質が低くても、4K/8K相当の画質に変換できるのが凄すぎる…!!

Topaz Video AIのスクリーンショット

また、フレーム補間、ノイズ除去、鮮明化(シャープネス)、動きボケ除去といった高画質化技術も実装して、高精細な映像が持つ質感(リアリティ感)を再現できます。

一方、MP4を高画質に変換できる「オンラインサイト」も相次いで誕生しています。インストールの手間が不要、ハードディスクを圧迫せずにインターネット環境があればすぐ作業できるのが良いところです。

機能面では、おそらくTopaz Video AIに匹敵するものは存在しないが、一般家庭用であれば、十分使えるかなと思います。

(2)MP4の高画質化におすすめのサイト無料・有料

AIによる動画の高画質化という技術のお膝元はそもそも海外諸国なので、この技術を使用したソフトも、Webサイトも、海外製のものがほとんどになります。

以下は、開発元を問わず、無料や有料の中から「本当に使いやすくて価値のある」を基準に7選ピックアップしてご紹介します。

1. CapCut(Webツール)

【価格】:完全無料

【日本語対応】:不可

【ロゴ・透かし】:なし

【最大出力解像度】:4K

【公式ページ】: https://www.capcut.com/tools/ai-video-upscaler

MP4動画の高画質化:CapCut(Webツール)

動画編集の有名ブランドとして定着したCapCutが、AIを使用した新製品・新機能への取り組みが加速しています。

最近では、動画の高画質化を図っているWebベースのAIツールである「Free Online AI Video Upscaler」が公開して提供されています。

このAIツールは、動画の解像度を最大「2X(倍率)」に拡大するアップスケール機能のみを搭載しています。2023年11月の現時点では、アカウントを作成して登録すると、誰でも無料で使用することができます。

実際に使ってみると、正式な製品というより、むしろ機能面では不十分なベータ版ではないかな~という感覚があります。元の動画が低すぎると(例えば640×480)、1080p未満な画質しか得られないので、家庭用でも不十分でしょう。

ただ、無料なので、文句もなしです!!

2. Media.io Video Enhancer

【価格】:無料&有料(9.90ドル/5分間から)

【日本語対応】:不可

【ロゴ・透かし】:なし

【最大出力解像度】:4K

【公式ページ】: https://www.media.io/video-enhancer.html

MP4動画の高画質化:Media.io Video Enhancer

Media.io Video Enhancerは、その名の通り、動画のAI高画質化に特化したオンラインサイトです。

有名な動画編集ソフト「Filmora」を生んだ「Wondershare」会社が提供しており、同社のアカウントで登録するとすぐに使えるようになります。

動画を「2X」か「4X」にアップスケールして画質を良くするのがメイン機能となっています。それ以外にも、「ノイズ除去」、「手ぶれ補正」、「色調補正」が付加機能としてが備わっています。これらの付加機能は画質向上にも繋がって上手く活用することで確かな効果があると思います。

現時点では、MP4、AVI、MOVフォーマットで記録した動画のみが入力可能です。

無料版を使うと、拡大倍率(2X)、アップロード可能な動画サイズ(≤100MB)、長さ(≤1分間)、本数(≤10本)が厳しく制限されています。有料版は、本数を問わず、処理したい動画ファイルの合計再生時間(尺)を元に、分間単位で課金されています。

3. HitPaw Online Video Enhancer

【価格】:有料(1000円/周から)

【日本語対応】:可能

【ロゴ・透かし】:あり(有料で削除可能)

【最大出力解像度】:4K

【公式ページ】: https://online.hitpaw.jp/online-video-enhancer.html

MP4動画の高画質化:HitPaw Online Video Enhancer

HitPaw Online Video Enhancerは、同社製の「HitPaw Video Enhancer」のブラウザ版みたいなものです。

低解像度やぼやけた動画を自動的に高解像度化(1X、2X、4X、8X、720p、1080p、4K)する以外にも、モノクロの動画をカラーに変換する機能も備えています。

特徴として、「顔モデル」、「ノイズ除去モデル」、「アニメーションモデル」、「色付けモデル」、「色の強化」と5つのAIモデルが利用できるので、動画分析における精度の向上が実現できます。

動画のノイズやぼやけた部分を効果的に除去して、鮮明な高画質化を行うことができるるので、古いビデオカメラやガラケーで撮影した画質の荒い動画を修復したい人には圧倒的におすすめのツールになります。

ただ利用する動画との相性によっては上手く機能しないこともあります。

4. Cutout.Pro

【価格】:有料(19ドル/1分間から)

【日本語対応】:可能

【ロゴ・透かし】:なし

【最大出力解像度】:4K

【公式ページ】: https://www.cutout.pro/ja/ai-video-enhancer

MP4動画の高画質化:Cutout.Pro

Cutout.Proは、MP4、WEBM、MOV、GIFで保存した動画データをAIで高画質に変換できるWebサービスです。

機能面で、動画のアップスケーリングはもちろん、動画の鮮明化、スローモーション補間(フレーム補間)、インターレース解除、手ぶれ補正、ノイズやモーションブラー除去などの実用的な機能も搭載しています。

高品質のAIアルゴリズムを採用して、低解像度でぼやけた動画(最大2㎇)を2K/30fpsまでアップスケーリング(変換)できるのが特徴です。

昔の古いアニメや古い映画(240p/360p/480p)を見やすく美しい高画質に変換することを目指しているような気がします。

使い方は非常にシンプルで、アカウントの登録を完了してから、動画をアップロードするだけで、自動で高画質(HD)に変換処理してくれるのです。生成した高画質な動画をダウンロードするには、クレジットを購入する必要があります。

5. TensorPix

【価格】:無料&有料(19ドル/1分間から)

【日本語対応】:不可

【ロゴ・透かし】:あり(有料で削除可能)

【最大出力解像度】:4K

【公式ページ】: https://tensorpix.ai/

MP4動画の高画質化:TensorPix

TensorPixは、AIの力を使って、解像度の低い動画や画像を、高画質・高解像度に拡大するWebサイトです。 

「AI Upscale」機能を有効にすることで、動画の高画質化ができるようになります。2倍、4倍のように任意のサイズ(倍率)を指定することができる上、高度な設定によって、➊.SD(576p/480p)、➋.HD(720p)❸.Full HD(1080p)❹. QHD(1440p)➎.4K(2160p)から、ご用途に合った解像度を選択することもできるという点が魅力です。

そして、動画全体ではなくどこか1箇所などのみを拡大する、標準搭載しているトリミング機能を使えば簡単にできます。

また、ノイズ除去、カラー補正・復元、インターレース解除、動きの平滑化、スローモーション、顔補正といった編集項目も利用できます。

自由度がやや高いカスタマイズ性と痒い所に手が届く機能性という印象があります。

6. VIDIOビデオエンハンサー

【価格】:無料&有料(11.9ドル/月から)

【日本語対応】:可能

【ロゴ・透かし】:あり(有料で削除可能)

【最大出力解像度】:4K

【公式ページ】: https://www.vidio.ai/ja-JP/tools/video-enhancer

MP4動画の高画質化:VIDIOビデオエンハンサー

VIDIOビデオエンハンサーは、AI技術を活用して動画の画質を上げるために使えるオンラインサイトです。

MP4の他にも、MOV、AVI、MKV、MPEG、MPG、WEBM、GIF形式で保存した動画データを入力可能です。一度にアップロードできる最大動画サイズは、2GBです。

動画をアップロードするだけで、VIDIOが動画を分析して解像度を拡大しながら、鮮明さや詳細度を補正してくれるという仕組みです。

このように、高画質化の処理が完全に自動で行われるので、手動での設定は不要です。アップロードが完了したら、ビュアーで高画質になった動画を確認することができます。

無料プランもあるものの、動画の最初の1秒間しか出力されないという厳しい制限がかかっています。基本的に、VIDIOをより快適に使用するには有料プランの契約が前提になりますよね。

7. Neural.love

【価格】:有料(3ドルから)

【日本語対応】:不可

【ロゴ・透かし】:あり(有料で削除可能)

【最大出力解像度】:4K

【公式ページ】: https://neural.love/video

MP4動画の高画質化:Neural.love

Neural.loveは、AIによる動画の高画質化サービスを提供しているサイトです。

特に古い動画などはメリハリのいい発色へ高画質化できるのが特徴だと感じました。

出力解像度(拡大倍率)の設定が簡単で、元動画が720p未満の解像度であった場合、それ以上の解像度である「720p」や「1080p」が選べます。1080pの動画だと、元の解像度以上である「4K」は選べる仕様です。

そして、AIがどのようにデータを処理するかと2つのモデルが用意されています。たいていの場合、「Default」を選択しておけばほぼ問題ないと言われています。「画質はより繊細に、美しく」を求められているなら、「Maximum details」を試しても良いかな~と思います。

また、複数の動画を一括でアップロードしてバッチ処理することができるので、たくさんのMP4動画を処理したいときも安心です。

(3)まとめ

このページでは、MP4動画の高画質化におすすめのサイト7選を紹介しました。

その中に、価格によって分けると、以下の3種類があります。

✅.完全無料
①. CapCut

✅.無料で機能制限がある(有料で制限を解除可能)
①. Media.io Video Enhancer
②. TensorPix
③. VIDIOビデオエンハンサー

✅.有料(料金を払わないと動画が出力できない)
①. Cutout.Pro
②. HitPaw Online Video Enhancer
③. Neural.love

人によって“高画質”の感覚が違うので、どれが一番高画質になるのかと一概に言えません。

動画種類によって同じサイトでは馴染んでいない仕上がりになることもあるので、時間があれば、無料なものから有料なものまで、自分が実際に試したほうが良いでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。